観光パンフレットお取り寄せサービス【みんたび】

観光パンフレットお取り寄せサービス【みんたび】

HITOYOSHI,JAPAN/行ってみたくなる写真が満載
小さな画像をクリックすると、上の大きな画像が差し替わります
  • HITOYOSHI,JAPAN/行ってみたくなる写真が満載
  • HITOYOSHI,JAPAN/行ってみたくなる写真が満載
  • HITOYOSHI,JAPAN/行ってみたくなる写真が満載
  • HITOYOSHI,JAPAN/行ってみたくなる写真が満載
  • HITOYOSHI,JAPAN/行ってみたくなる写真が満載
  • HITOYOSHI,JAPAN/行ってみたくなる写真が満載
  • HITOYOSHI,JAPAN/行ってみたくなる写真が満載
  • HITOYOSHI,JAPAN/行ってみたくなる写真が満載
熊本県 人吉市

HITOYOSHI,JAPAN/行ってみたくなる写真が満載

熊本県の南部に位置する人吉(ひとよし)市は、日本遺産第一号「相良700年が生んだ保守と進収の文化~日本でもっともゆたかな隠れ里 人吉球磨~」に選ばれました。
相良氏が治めた鎌倉時代から明治維新までの700年のあいだ、独自の文化伝統・風習を育み、守り、継承し、さらに外からの“良いもの”を取り入れ、土地に馴染むものとして昇華してきたその歴史が、今でも残っているからです。
歴史的建造物、仏教御術、遊び、食文化がこれほど数多く有形・無形の文化財として今日まで伝えられている土地は他には類を見ません。
例えば、国宝「青井阿蘇神社」は806年創建と言われており、相良氏700年の統治下でも特に重要な神社として広く信仰を集めていました。
今でも“青井さん”という呼び名で地域の人々から親しまれています。
また、相良氏の居城だった「人吉城跡」は別名「織月城」と呼ばれ、春は桜、秋は紅葉の名所として人気です。
それに、「ウンスンカルタ」といって、ポルトガルがルーツのカード遊びも今日まで受け継がれており、体験できる場所もあります。
人吉の魅力がビシビシと伝わってくる写真が満載のこのパンフレットを見たら、きっと人吉市に行ってみたくなってしまいますよ。
【掲載内容】
①人吉の歴史散歩
②日本遺産認定 相良三十三観音めぐり、ウンスンカルタ
③鉄道遺産と列車の旅 SL人吉、肥薩線の鉄道遺産、人吉鉄道ミュージアム
④人吉の粋を体験する 人吉クラフトパーク石野公園、工芸品きじ馬・花手箱、蔵めぐり
⑤人吉球磨の水の恵み 日本三大急流 球磨川下り、人吉温泉、ラフティング
⑥人吉の美味探訪 球磨焼酎、球磨川・川辺川の天然鮎塩焼き、鮎の苦うるか子うるか
⑦人吉観光モデルルート 1から6
⑧人吉温泉マップ&インフォメーション
⑨アクセス
商品コード 43-10663-0001
発行元 人吉市役所 観光振興課
装丁 A4×24ページ/総合観光パンフレット(16.12)
数量

0

全国一律送料290円(合計10冊まで)

[PR]
[PR]
ページトップへ