観光パンフレットお取り寄せサービス【みんたび】

観光パンフレットお取り寄せサービス【みんたび】

女城主の里 いわむら/日本百名城、日本三大山城の岩村城城主おつや
小さな画像をクリックすると、上の大きな画像が差し替わります
  • 女城主の里 いわむら/日本百名城、日本三大山城の岩村城城主おつや
  • 女城主の里 いわむら/日本百名城、日本三大山城の岩村城城主おつや
  • 女城主の里 いわむら/日本百名城、日本三大山城の岩村城城主おつや
  • 女城主の里 いわむら/日本百名城、日本三大山城の岩村城城主おつや
  • 女城主の里 いわむら/日本百名城、日本三大山城の岩村城城主おつや
岐阜県 恵那市

女城主の里 いわむら/日本百名城、日本三大山城の岩村城城主おつや

岐阜県恵那市にある岩村は、八百余年の歴史を持つ三万石の城下町として、今も歴史の足跡が色濃く残るまち。
そこに、城山に本丸をはじめとする石垣を残す「岩村城跡」があります。
岩村城は、奈良県「大和高取城」や岡山県「備中松山城」とならぶ、日本三大山城の一つであり、日本百名城にも選ばれている名城です。
戦国時代、織田信長の叔母「おつや」が嫁ぎましたが当時の城主が病没し、養子として迎え入れていた信長の五男御坊丸がまだ幼かったため、おつやが実質的な城主として領地を治めていたのです。
激動の戦国時代に織田と武田の狭間で采配を振るい家臣と町民を守ることに尽力した、おつや。岩村はそんな女城主が偲ばれる城下町です。
古い街並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、当時の面影を残す商家や旧家、なまこ壁などが今も佇んでいます。
店先にあるのれんには、「おかみさん」の名前が入っています。女城主おつやを偲んで、代々続けられてきました。
女城主の物語を胸にしながら岩村を旅すれば、情緒あふれる史跡観光が楽しめます。
【掲載内容】
①女城主おつや
②岩村城跡
③岩村城下町
④岩村城下町食べ歩き
⑤岩村まるごと体験
⑥恵那市の観光スポット
⑦恵那市の宿泊施設
⑧女城主の里いわむら アクセスマップ
商品コード 21-10592-0011
発行元 恵那市観光協会
装丁 B5×16ページ/観光パンフレット(2017)
数量

0

全国一律送料290円(合計10冊まで)

[PR]
[PR]
ページトップへ