世界遺産を見に行こう!高野山、屋久島、姫路城のおすすめパンフレット3選

近年、ウユニ塩湖やアンコール遺跡群など、海外にある世界遺産を巡るツアーが日本でも若者を中心に人気を集めていますが、日本にも海外に誇れる世界遺産が20カ所もあります。
ここでは、日本にある世界遺産の魅力を再発見することができる、おすすめのパンフレットを3種ご紹介します。

高野山 ~そっと手を合わせたくなる旅がある~ (和歌山県高野町)

都会の喧騒から離れ、たまには静かで上質な旅に出たい。そんなときにおすすめしたいのが高野山です。
弘仁7年(816年)に弘法大師によって開かれて以降、1200年の長きにわたり日本仏教の一大聖地として多くの人の信仰と尊敬を集め、2004年には世界文化遺産に登録されました。
さらにミシュラン旅ガイドからも三ツ星の評価を獲得し、優れた観光地として世界中から高い評価を受けています。
このパンフレットは高野山の観光名所や宿坊の案内をはじめ、お土産情報や高野山で体験できる写経や阿字観などが紹介されているだけでなく、裏面にはトイレ情報が記載された高野山ガイドマップが掲載されており、散策にぴったりの一冊となっています。
また、このパンフレットには表紙の「高野山」の文字部分を軽くこすると白檀の香りがするというちょっとした仕掛けもあり、手に取ってみたくなる一冊です。

【写真で見る今の高野山】

詳細を見る 詳細を見る

ガイドブック やくしま (鹿児島県屋久島町)

1993年に世界自然遺産に登録された屋久島。
1000メートルを超える山々が連座し、気候の変化に富むことから、世界でも屋久島だけにしか自生していない固有の植物が約40種類もあるという特異な生態系が大きな魅力となっています。
中でも樹齢1000年は軽く超える縄文杉に代表される神秘的な森はさまざまなメディアに取り上げられ、若い女性を中心にパワースポットとしても注目を集めています。
このパンフレットはそんな屋久島の大自然の魅力がたっぷり凝縮された一冊となっており、森、山、川、滝、海、温泉をはじめとした屋久島ならではの悠久な自然の魅力のほか、祭りやイベント、グルメ情報も余すところなくご紹介しています。
屋久島全域の地図も記載されていますので、旅行中だけでなく旅行前の計画を立てるときにも役立つこと間違いなしです。

【写真で見る今の屋久島】

詳細を見る 詳細を見る

姫路観光ガイドブック (兵庫県姫路市)

1346年に築城され、日本を代表する名城として海外からも高い評価を受けている姫路城。
1993年に世界文化遺産にも登録され、2015年には5年におよぶ大改修が終了し、白鷺城の名に恥じない白さを取り戻しました。
このガイドブックは街の中心に鎮座する姫路城をはじめ、姫路市の観光に必要不可欠な情報が66ページにわたり紹介されています。
姫路市の歴史、観光、グルメ、お土産、イベントから宿泊施設だけでなく、観光お役立ちガイドやモデルコース、さらに巻末には姫路市の詳細地図も掲載されるなど、欲張りな一冊に仕上げられています。
このガイドブックがあれば市販の観光ガイドは必要ないといっても過言ではないでしょう。

【写真で見る今の姫路城】

詳細を見る 詳細を見る