春に行きたい、お花見・花の名所

日本の春といえばやっぱり桜ですよね。桜を見て癒される方や、新しい門出の日を思い出して身が引き締まるという方も多いことでしょう。桜のほかにも春はたくさんの花が日本各地を彩ります。
ここでは、一度は見ておきたい!お花見や花の名所がテーマとなったパンフレットを3つご紹介します。

ほくとの桜2017 (山梨県北杜市)

山梨県北杜市は、日本三大桜のひとつといわれる「山高神代桜」があることで知られています。約2,000年前に神話上の英雄であるヤマトタケルが植えたと言い伝えられ、国指定の天然記念物第一号でもあります。
このパンフレットには山高神代桜のほか、神田(しんでん)の大糸桜や眞原(さねはら)桜並木など、市内の桜の名所が紹介されています。
北杜市内は山間部と居住区との標高差が1,000m近くあるため、4月の初めから終わりまで、市内のあちこちで満開の桜を楽しむことができます。雪山をバックに満開の桜の写真を撮ってみたい・・という願いを北杜市なら叶えることができます。

詳細を見る 詳細を見る

菊池市 桜地図 (熊本県菊池市)

熊本県菊池市は、県内でも有数の桜の名所として知られています。菊池公園一帯には実に22種類もの桜が植えられ、開花シーズンは多くの人で賑わいます。また、菊池公園のほか、菊池神社の「黒染桜」は約650年前に作出された、一本の木から一重と二重咲きの花を咲かせる珍しい桜として有名で、お花見好きの方にはぜひ一度は見てもらいたい桜のひとつです。
淡い色合いで構成されたこのパンフレットは、菊池公園と菊池神社をはじめ、市内のお花見スポットが掲載されています。菊池神社の桜が散ってしまったあとも、菊池渓谷で花を楽しむことができます。熊本県といえば熊本城の桜が有名ですが、菊池市の桜もなかなか見ごたえがありますよ。

詳細を見る 詳細を見る

さくらめぐり (茨城県桜川市)

茨城県桜川市は、市の名前に「桜」の字が入っているとおり、見ごたえ十分の桜がたくさんあります。
国の天然記念物に指定されている磯部桜川公園、櫻川磯部稲村神社の桜をはじめ、高峯の山桜、上野沼、雨引観音周辺、りんりんロード、つくし湖、薬王寺など、とにかく多くの桜の名所があります。桜川の桜は山桜が多く、花の色や形、開花時期も異なります。このパンフレットには桜川で見られる桜の種類や特徴が詳しく説明されています。
さらに嬉しいことに、このガイドは桜の名所だけでなくグルメやお土産ガイドも掲載されているので、「花より団子」という方にも安心の一冊といえますね。

詳細を見る 詳細を見る