独特な特徴のある文化や風土が息づく、愛媛県南予地域

愛媛県南予 岩屋寺 (2)

愛媛県の西南部に位置する南予は、江戸時代は宇和島藩、大洲藩、伊予吉田藩、新谷藩の4つの藩があり、それぞれに独自の文化を発展させてきました。
リアス式海岸の宇和海、四国カルストや滑床渓谷など豊かな自然を感じられる、愛媛県の中でも独特の風土と文化が息づく地域です。

築城の名手、藤堂高虎が建てた「宇和島城」

「宇和島城」は、JR宇和島駅から車で7分ほどの標高80mの小高い城山にあります。
城は1601(慶長6)年に、築城の名手と呼ばれる藤堂高虎によって建てられました。海に面して五角形の堀で城を囲み、敵の目を欺く構造に造り上げています。
総塗り込め造りの白壁をもつ城の姿は大変美しく、均整の取れた堂々たる天守は現存12天守のひとつとして国の重要文化財に指定されています。
石垣や天守などは、後に修築され現在は堀が埋められ、総郭の一部は失われていますが、基本的な城の構えは築城当初のものを現代にも伝えています。

愛媛県南予 宇和島城

宇和島城 (C)愛媛県観光物産協会

広大な日本庭園「南楽園」で季節を愛でる

「南楽園(なんらくえん)」は、現代造園技術の粋を形にした、四国最大規模の日本庭園です。
総面積は総面積約15万平方メートル、東京ドームの3倍以上のサイズです。
園内には、2つの大きな池と3万株の花菖蒲や梅、桜、つつじなどが季節ごとに見事に咲き誇る池泉回遊式庭園で「日本の都市公園100選」に選ばれています。
南楽園では、貸しボートで池からの景色を眺めたり、初夏には約25万本ものハナショウブが咲き誇ったりと、とても素晴らしい風景の中で日本の四季を楽しむ時を過ごせる公園です。

愛媛県南予 南楽園

南楽園 (C)愛媛県観光物産協会

「内子座」は、1916(大正5)年建設の木造建築で、創業100年を超える芝居小屋です。内子座は、入り母屋造りで桟敷席、回り舞台、花道など本格的な芝居小屋の舞台設備を備えており、製ロウで賑った時代には関西歌舞伎界の名優が次々と来演していたそうです。
現在「内子座」では、人形浄瑠璃「内子座文楽」や様々な祭りや芸能が催しています。

愛媛県南予 内子座

内子座 (C)愛媛県観光物産協会

四国八十八ヶ所霊場「第45番札所 岩屋寺」

「岩屋寺」は、標高700mの奇峰にある巨岩の中腹に埋め込まれるように堂宇が建つ、山岳霊場です。
弘法大師がこの霊地を訪ねたのは、816(弘仁6)年とされています。
数々の岩窟や境内は、昔から修験者が修行をしてきた霊場です。
境内に繋がる鬱蒼とした杉林の参道は、かなりの急坂道で昔から参拝者泣かせの霊場ともいわれています。
大正時代に建てられた大師堂は、伝統的な建築様式で2007(平成19)年に国の重要文化財に指定されています。

愛媛県南予 岩屋寺

岩屋寺 (C)愛媛県観光物産協会

愛媛県南予 岩屋寺 (2)

岩屋寺  (C)愛媛県観光物産協会

築城の名手、藤堂高虎が建てた「宇和島城」

「宇和島城」は、JR宇和島駅から車で7分ほどの標高80mの小高い城山にあります。
城は1601(慶長6)年に、築城の名手と呼ばれる藤堂高虎によって建てられました。海に面して五角形の堀で城を囲み、敵の目を欺く構造に造り上げています。
総塗り込め造りの白壁をもつ城の姿は大変美しく、均整の取れた堂々たる天守は現存12天守のひとつとして国の重要文化財に指定されています。
石垣や天守などは、後に修築され現在は堀が埋められ、総郭の一部は失われていますが、基本的な城の構えは築城当初のものを現代にも伝えています。

愛媛県南予 宇和島城

宇和島城 (C)愛媛県観光物産協会

広大な日本庭園「南楽園」で季節を愛でる

「南楽園(なんらくえん)」は、現代造園技術の粋を形にした、四国最大規模の日本庭園です。
総面積は総面積約15万平方メートル、東京ドームの3倍以上のサイズです。
園内には、2つの大きな池と3万株の花菖蒲や梅、桜、つつじなどが季節ごとに見事に咲き誇る池泉回遊式庭園で「日本の都市公園100選」に選ばれています。
南楽園では、貸しボートで池からの景色を眺めたり、初夏には約25万本ものハナショウブが咲き誇ったりと、とても素晴らしい風景の中で日本の四季を楽しむ時を過ごせる公園です。

愛媛県南予 南楽園

南楽園 (C)愛媛県観光物産協会

「内子座」は、1916(大正5)年建設の木造建築で、創業100年を超える芝居小屋です。内子座は、入り母屋造りで桟敷席、回り舞台、花道など本格的な芝居小屋の舞台設備を備えており、製ロウで賑った時代には関西歌舞伎界の名優が次々と来演していたそうです。
現在「内子座」では、人形浄瑠璃「内子座文楽」や様々な祭りや芸能が催しています。

愛媛県南予 内子座

内子座 (C)愛媛県観光物産協会

四国八十八ヶ所霊場「第45番札所 岩屋寺」

「岩屋寺」は、標高700mの奇峰にある巨岩の中腹に埋め込まれるように堂宇が建つ、山岳霊場です。
弘法大師がこの霊地を訪ねたのは、816(弘仁6)年とされています。
数々の岩窟や境内は、昔から修験者が修行をしてきた霊場です。
境内に繋がる鬱蒼とした杉林の参道は、かなりの急坂道で昔から参拝者泣かせの霊場ともいわれています。
大正時代に建てられた大師堂は、伝統的な建築様式で2007(平成19)年に国の重要文化財に指定されています。

愛媛県南予 岩屋寺

岩屋寺 (C)愛媛県観光物産協会

愛媛県南予 岩屋寺 (2)

岩屋寺  (C)愛媛県観光物産協会

関連パンフレット
愛媛県観光ガイドえひめぐりMAP
詳細を見る 詳細を見る
愛媛グルメマップ
詳細を見る 詳細を見る
宇和島市パンフレットセット
詳細を見る 詳細を見る