和歌山県の紀中、みなべ町・有田市

南部梅林 和歌山県紀中

和歌山県は県内を3つに区分しており、高野山や九度山(真田幸村)で知られる紀北(きほく)、熊野古道で知られる紀南(きなん)、紀州ミカンや梅の栽培、タチウオ漁で知られる紀中のエリアです。
今回ご紹介するみなべ町、有田市はこの紀中の地域となります。

温暖な気候の梅の里、みなべ町

みなべ町は、和歌山県の中央部に位置し、黒潮の海に面した温暖な町です。
日本一の梅の産地として有名であり、「南部梅林」は、毎年2月上旬~3月上旬にかけて、山間一面が梅の花が咲き誇ります。

南部梅林 和歌山県紀中

南部梅林 (写真提供:公益社団法人和歌山県観光連盟)

和歌山のブランド梅「南高梅」は、みなべ町で生産される品種が、国内生産量の7割以上を占めています。
南高梅は、果実が大きく果肉が厚く柔らかいのが特徴です。
味、食感ともの機械で造られている梅干しに比べ評価が高いことからブランドの梅干しとして人気があります。

梅干し 和歌山県紀中

梅干し (写真提供:公益社団法人和歌山県観光連盟)

みなべ温泉で癒しのひと時「鶴の湯温泉」

鶴の湯温泉 和歌山県紀中

鶴の湯温泉 (写真提供:公益社団法人和歌山県観光連盟)

みなべ温泉は梅香丘温泉とも呼ばれ、神経痛、筋肉痛、切り傷、やけど等に効果が期待できる温泉だそうです。
江戸時代から湯治場として多くの人に親しまれ、自然あふれる山間の景色と川のせせらぎの音が身も心も癒してくれそうです。

「鶴の湯温泉」は、緑深き山あいの温泉で、その名の由来は鶴が羽を休め傷の手当てをしたと伝えられたことからだそうです。
みなべには、その他にも紀州備長炭を湯に溶かした珍しい黒湯「紀州みなべ千里浜温泉」などもあり、温泉が色々と楽しめる地域です。

タチウオ漁獲量日本一の箕島漁港

細長く銀白色に光り輝く1m級の長さの「タチウオ」。
スリムな体型がトレードマークですが、紀伊水道の沖合いで底びき網漁で魚獲しています。
有田市の箕島漁港では、高級魚「タチウオ」の漁獲高日本一を誇っています。

箕島漁港 和歌山県紀中

箕島漁港 (写真提供:公益社団法人和歌山県観光連盟)

タチウオは、6月から10月が旬でミネラルが豊富で栄養価も高く、味わいがウナギよりも淡泊でくどさがなく、刺身などの生でも、焼いたり、揚げたり、蒸したりとどの料理法にもマッチする美味しい白身の魚です。

太刀魚料理 和歌山県紀中

太刀魚料理 (写真提供:公益社団法人和歌山県観光連盟)

有田市名産のブランドみかん「有田みかん」

10月から12月にかけて、有田川周辺の山々はみかん畑のオレンジ色で一色に染まりあがります。
有田みかんの特徴は、紅が濃く、皮が薄い、軸が細くて形が良い点です。
美味しい有田みかんを作るためには、果実の生育期間の6月頃から、摘果などをして場所を選んで果実を作っていくそうです。
また、5月には白くてかわいいみかんの花が咲き誇り、車の窓を開けて山間をドライブすると車内に甘い匂いが入り込んできます。
有田市の山間は、有田みかんの花の香で包まれます。

みかん畑 和歌山県紀中

みかん畑 (写真提供:公益社団法人和歌山県観光連盟)

温暖な気候の梅の里、みなべ町

みなべ町は、和歌山県の中央部に位置し、黒潮の海に面した温暖な町です。
日本一の梅の産地として有名であり、「南部梅林」は、毎年2月上旬~3月上旬にかけて、山間一面が梅の花が咲き誇ります。

南部梅林 和歌山県紀中

南部梅林 (写真提供:公益社団法人和歌山県観光連盟)

和歌山のブランド梅「南高梅」は、みなべ町で生産される品種が、国内生産量の7割以上を占めています。
南高梅は、果実が大きく果肉が厚く柔らかいのが特徴です。
味、食感ともの機械で造られている梅干しに比べ評価が高いことからブランドの梅干しとして人気があります。

梅干し 和歌山県紀中

梅干し (写真提供:公益社団法人和歌山県観光連盟)

みなべ温泉で癒しのひと時「鶴の湯温泉」

鶴の湯温泉 和歌山県紀中

鶴の湯温泉 (写真提供:公益社団法人和歌山県観光連盟)

みなべ温泉は梅香丘温泉とも呼ばれ、神経痛、筋肉痛、切り傷、やけど等に効果が期待できる温泉だそうです。
江戸時代から湯治場として多くの人に親しまれ、自然あふれる山間の景色と川のせせらぎの音が身も心も癒してくれそうです。

「鶴の湯温泉」は、緑深き山あいの温泉で、その名の由来は鶴が羽を休め傷の手当てをしたと伝えられたことからだそうです。
みなべには、その他にも紀州備長炭を湯に溶かした珍しい黒湯「紀州みなべ千里浜温泉」などもあり、温泉が色々と楽しめる地域です。

タチウオ漁獲量日本一の箕島漁港

細長く銀白色に光り輝く1m級の長さの「タチウオ」。
スリムな体型がトレードマークですが、紀伊水道の沖合いで底びき網漁で魚獲しています。
有田市の箕島漁港では、高級魚「タチウオ」の漁獲高日本一を誇っています。

箕島漁港 和歌山県紀中

箕島漁港 (写真提供:公益社団法人和歌山県観光連盟)

タチウオは、6月から10月が旬でミネラルが豊富で栄養価も高く、味わいがウナギよりも淡泊でくどさがなく、刺身などの生でも、焼いたり、揚げたり、蒸したりとどの料理法にもマッチする美味しい白身の魚です。

太刀魚料理 和歌山県紀中

太刀魚料理 (写真提供:公益社団法人和歌山県観光連盟)

有田市名産のブランドみかん「有田みかん」

10月から12月にかけて、有田川周辺の山々はみかん畑のオレンジ色で一色に染まりあがります。
有田みかんの特徴は、紅が濃く、皮が薄い、軸が細くて形が良い点です。
美味しい有田みかんを作るためには、果実の生育期間の6月頃から、摘果などをして場所を選んで果実を作っていくそうです。
また、5月には白くてかわいいみかんの花が咲き誇り、車の窓を開けて山間をドライブすると車内に甘い匂いが入り込んできます。
有田市の山間は、有田みかんの花の香で包まれます。

みかん畑 和歌山県紀中

みかん畑 (写真提供:公益社団法人和歌山県観光連盟)

関連パンフレット
熊野路 田辺
詳細を見る 詳細を見る
ここたび みなべ
詳細を見る 詳細を見る
世界農業遺産 みなべ・田辺の梅システム
詳細を見る 詳細を見る