癒されたい人におススメ!自然を感じながら楽しめる温泉パンフレット3選 (奥飛騨温泉郷、群馬県、霧島)

喧騒から離れ、心も身体も癒されたいとき、温泉に行きたいなぁと思う人は多いはず。
そんな時は、自然に囲まれた温泉地に行ってみませんか?おいしい空気を吸って、季節の山々を見れば心が落ち着きます。鳥のさえずりや川のせせらぎを聞きながらの道中も、旅のエッセンスとなり、非日常の地に向かうワクワク感がアップします。
その日の夜、露天風呂に浸かりながら、思わず「あー、来てよかった!」とつぶやいてしまうでしょう。
さぁ、リフレッシュの温泉旅に出かけましょう!

北アルプスと大自然に囲まれた露天風呂の里 「奥飛騨温泉郷」 (岐阜県高山市奥飛騨温泉郷)

北アルプスの3,000メートル級の山々を背景に広がる奥飛騨温泉郷は、活火山「焼岳」の恵みを受けた、日本屈指の露天風呂天国と呼ばれています。

パンフレットの表紙にもなっている新穂高温泉「新穂高の湯」は眺望が豊かであり、奥飛騨の象徴です。

奥飛騨随一の観光スポット「新穂高ロープウェイ」からの景色は雄大で、春は眼下に広がる桜の景色の向こうに残雪の北アルプスが、秋の紅葉の時期には一足早く既に白く雪化粧した北アルプスの山々の姿が見られ、二つの季節の景観が同時に楽しめるのが特徴です。

写真が豊富なこのパンフレットを見れば、温泉とともに、山々や星空の美しさや、人々の温かさや暮らし、登山やスキー、雪の回廊などのレジャーまで、その魅力が伝わります。

季節を変えて訪れるたびに新たな出会いと感動をもたらしてくれる田舎って、いいな。

そう思わずにはいられない温泉郷です。

詳細を見る 詳細を見る

関東一の温泉王国 「ぐんまの温泉」 (群馬県)

世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」がある群馬県は、温泉地の総数が200カ所以上あります。宿泊できる温泉地だけでも90カ所を超えます。

また、自然湧出量日本一で、湯もみ体験もできる名湯「草津」をはじめ、上越国境の大自然に抱かれた「水上」、湯の町の情緒豊かな石段街「伊香保」、日本屈指の高所温泉「万座」など、どの温泉を訪れてもそれぞれが個性を持っています。

自然を感じる観光なら、片品村の「丸沼高原・日光白根山ロープウェイ」は、片道約15分で一気に標高2,000メートルの世界へ連れて行ってくれます。

山頂には高山植物園「ロックガーデン」や「天空の足湯」があります。澄んだ空気と豊かな緑、紅葉など、息をのむような眺望が楽しめます。

また、利根川の源流と谷川岳の大自然の中にあるみなかみ町では、ラフティング、カヌー、キャニオニング、パラグライダーなどのアウトドアスポーツも盛んで、冬はスキーも楽しめる群馬県。

あなたの好みに合った温泉が、きっと見つかるはずです。

詳細を見る 詳細を見る

山から海まで楽しめる高原気候に恵まれた温泉地 「霧島 湯めぐり 旅マップ」 (鹿児島県霧島市)

鹿児島県霧島市は、鹿児島空港のあるまちで錦江湾に面しています。

南国でありながら快適な高原気候で過ごしやすく、霧島山を背景に自然が広がります。

大分県の別府温泉と並ぶ、全国トップレベルの泉質数を有するので、温泉によって湯の色や効能が異なり、多様に楽しめます。

西郷隆盛が愛した温泉“日当山”の歴史は神々の時代まで遡り、鹿児島県最古の温泉地と言われています。「鹿児島神社」や、復元された「西郷どんの宿」があり、アユ漁が有名な「天降川」を下っていくと、錦江湾にたどり着きます。

国分海浜公園は700mの砂浜が続くウォーターフロントリゾートで、マリンスポーツを楽しむ人で賑わっています。

坂本龍馬が新婚旅行の際に妻お龍とともに訪れた“霧島温泉郷”や、参拝した「霧島神宮」を中心に広がる“霧島神宮温泉郷”は、霧島山の大自然を満喫できるトレッキングや、森林セラピー、火砕流や溶岩流の地質遺産・柱状節理を観ることが出来る「霧島神水峡遊歩道」なを楽しむ人々で年中賑わいを見せています。
大自然をアクティブに体感できるエリアです。

温泉水で調理ができる自水宿などもあり、海も山も泉質も、お好みでプランニング可能な霧島温泉をお楽しみください。

詳細を見る 詳細を見る

北アルプスと大自然に囲まれた露天風呂の里 「奥飛騨温泉郷」 (岐阜県高山市奥飛騨温泉郷)

北アルプスの3,000メートル級の山々を背景に広がる奥飛騨温泉郷は、活火山「焼岳」の恵みを受けた、日本屈指の露天風呂天国と呼ばれています。

パンフレットの表紙にもなっている新穂高温泉「新穂高の湯」は眺望が豊かであり、奥飛騨の象徴です。

奥飛騨随一の観光スポット「新穂高ロープウェイ」からの景色は雄大で、春は眼下に広がる桜の景色の向こうに残雪の北アルプスが、秋の紅葉の時期には一足早く既に白く雪化粧した北アルプスの山々の姿が見られ、二つの季節の景観が同時に楽しめるのが特徴です。

写真が豊富なこのパンフレットを見れば、温泉とともに、山々や星空の美しさや、人々の温かさや暮らし、登山やスキー、雪の回廊などのレジャーまで、その魅力が伝わります。

季節を変えて訪れるたびに新たな出会いと感動をもたらしてくれる田舎って、いいな。

そう思わずにはいられない温泉郷です。

詳細を見る 詳細を見る

関東一の温泉王国 「ぐんまの温泉」 (群馬県)

世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」がある群馬県は、温泉地の総数が200カ所以上あります。宿泊できる温泉地だけでも90カ所を超えます。

また、自然湧出量日本一で、湯もみ体験もできる名湯「草津」をはじめ、上越国境の大自然に抱かれた「水上」、湯の町の情緒豊かな石段街「伊香保」、日本屈指の高所温泉「万座」など、どの温泉を訪れてもそれぞれが個性を持っています。

自然を感じる観光なら、片品村の「丸沼高原・日光白根山ロープウェイ」は、片道約15分で一気に標高2,000メートルの世界へ連れて行ってくれます。

山頂には高山植物園「ロックガーデン」や「天空の足湯」があります。澄んだ空気と豊かな緑、紅葉など、息をのむような眺望が楽しめます。

また、利根川の源流と谷川岳の大自然の中にあるみなかみ町では、ラフティング、カヌー、キャニオニング、パラグライダーなどのアウトドアスポーツも盛んで、冬はスキーも楽しめる群馬県。

あなたの好みに合った温泉が、きっと見つかるはずです。

詳細を見る 詳細を見る

山から海まで楽しめる高原気候に恵まれた温泉地 「霧島 湯めぐり 旅マップ」 (鹿児島県霧島市)

鹿児島県霧島市は、鹿児島空港のあるまちで錦江湾に面しています。

南国でありながら快適な高原気候で過ごしやすく、霧島山を背景に自然が広がります。

大分県の別府温泉と並ぶ、全国トップレベルの泉質数を有するので、温泉によって湯の色や効能が異なり、多様に楽しめます。

西郷隆盛が愛した温泉“日当山”の歴史は神々の時代まで遡り、鹿児島県最古の温泉地と言われています。「鹿児島神社」や、復元された「西郷どんの宿」があり、アユ漁が有名な「天降川」を下っていくと、錦江湾にたどり着きます。

国分海浜公園は700mの砂浜が続くウォーターフロントリゾートで、マリンスポーツを楽しむ人で賑わっています。

坂本龍馬が新婚旅行の際に妻お龍とともに訪れた“霧島温泉郷”や、参拝した「霧島神宮」を中心に広がる“霧島神宮温泉郷”は、霧島山の大自然を満喫できるトレッキングや、森林セラピー、火砕流や溶岩流の地質遺産・柱状節理を観ることが出来る「霧島神水峡遊歩道」なを楽しむ人々で年中賑わいを見せています。
大自然をアクティブに体感できるエリアです。

温泉水で調理ができる自水宿などもあり、海も山も泉質も、お好みでプランニング可能な霧島温泉をお楽しみください。

詳細を見る 詳細を見る