旅行の面白さが倍増する計画の立て方

旅の面白さが倍増する計画の立て方

旅行の楽しみ方:計画を立てるためには、旅の目的を考えよう!

あなたは「旅行に行きたい!」と思ったとき、どのような計画を立てますか?

大人数で行く場合は、家族や友達とワイワイ話し合いながら、
また一人旅の場合はひとりでじっくり考えるなど、
計画の立て方はひとそれぞれかと思います。

ここでは、旅の面白さが倍増する計画の立て方を簡単にご紹介していきます。

1.まずは旅の目的を考える

楽しい旅行にするために重要なのは、旅の目的を決定しておくことだと言われています。

目的と言っても、仰々しいものではなく旅先でどのように過してみようかというテーマみたいなものです。

例えば、「絶景を楽しみたい」「名物料理を食べてみたい」「温泉に浸かってのんびりしたい」「伝統文化を体験したい」といったようなことです。

いくつかのテーマが揃ったら、それらをチャレンジしてみたい順に並べ替えて優先順位を考えてみましょう。

同行者がいる場合は、同行者にもリストアップとランク付けをしてもらいます。

ここでひとつのポイントとしては、できるだけ多くの目的を用意することです。

なぜなら、それはランク上位に入れたテーマが、もしも旅先で実行できなかった場合でも目的を失わないようにするためです。

全員がチャレンジしてみたいことが出揃ったら、旅の目的を考えるという第一ステップは終了となります。

2.チャレンジを実現できる行き先を決める

旅の目的が決まったら、いよいよ行き先を決めます。

旅の計画の立て方に決まりはありませんので、目的よりも行き先が決まっている場合は、行き先のあとに目的を決めてもまったく問題はありません。

一人旅の場合はじっくりと決めればいいですが、何人かで行く場合はなかなか行き先を決めることができないこともありますので、ポイントを絞って決めていくと良いでしょう。

絞ると言っても、いくつかの候補を挙げておいたほうが、旅の楽しみが広がりますので、候補出しを積極的に行うことをおすすめします。

候補の上げ方ですが、たとえば東京から片道XX時間以内の場所とか、出発の時期に応じたイベント開催や、知り合いや友達がその場所で楽しかったという情報などを軸に考えていくと、いくつか候補を挙げるのもさほど苦労しません。

また、人気旅館や人気料理店を目的にしているときは、予約などが必須かと思われますので、予約状況などを関連サイトでチェックしておくことを忘れないようにしましょう。

そして、女子旅で海外に行く場合は、現地の治安状況も行き先を決めるうえで外せないポイントとなりますので、これも必ず関連サイトでチェックをしましょう。

 

3.実際にスケジュールを作ってみる

行き先が決まったら、次に旅行スケジュールを大まかに立てていきましょう。

旅行を120%楽しむための情報入手のしかた

自分で交通機関の時刻をひとつひとつ調べていくこともいいと思いますし、「旅行計画トラベリー」や「旅の計画書」などのスケジュール作成アプリを利用して作成していくのもいいでしょう。
(参考:旅行の計画で役に立つおすすめアプリ5選

このとき注意しておきたいのが、観光施設の入館時間や施設見学のおおまかな所要時間を調べておくことです。

ある程度の時間の把握しておけば、その場所での楽しみ方が効率よく行えるというメリットがあります。

その中でも夜間の過ごし方は重要であり、海外や地方に行った場合は、早い時間に閉店してしまう店やホテルのラウンジも多く、都会と同じ感覚で出かけると最悪の場合夕食にさえありつくことができないということもが起きる可能性もありますので、お店を探す際は営業日や営業時間をしっかりと確認しておきましょう。

そして、旅行スケジュールと合わせて買っておきたいお土産なども、あらかじめリストアップしておくとお土産を買う時にスムーズに購入できますので便利です。

4.旅のしおりを作って、旅をより楽しくする

スケジュールを組み終えたら、旅行をより楽しく素敵にするために「旅のしおり」的なものを作ることをおすすめします。

「旅のしおり」を作りますと、旅行のスケジュール確認が簡単にできるため同行者との意思疎通もしやすく、
また旅先へのワクワク感が高まるだけでなく、旅行参加への親近感や連帯感もメンバー間に生まれます。

また、旅先の情報を調べながら「旅のしおり」を作成するため、現地情報にとても詳しくなることができるのも、旅が楽しくなるメリットのひとつではないでしょうか。

しおりに掲載する情報は、旅程のスケジュールと観光地紹介、現地のマップやお店や観光地の住所・電話番号・営業日・営業時間、その他には旅先で欠かせない情報として現地の名物などのお土産のことや、旅先で役に立つ持ち物リストなどを作ると忘れ物も防ぐこともできます。

また「旅のしおり」は、旅行帰ってきてからも旅の思い出を容易に思い出すことができる優れものです。

たとえば、しおりのデータファイルに写真などを張り付けて、旅の感想などを書き込めば「旅のしおり」は、
オリジナルの旅行記に早変わりさせることもできます。

「旅のしおり」は紙に印刷して活用するもよし、PDFファイルに変換しスマートフォンのストレージやDropboxに保管しておいて持ち歩けば、いつでもどこでも素早く確認できるメリットもあります。

5.予算を決める

行き先やプランが決まったところで、いよいよ予算を決めていきます。

もちろん、計画の初期段階に予算を決めておく方法もありますが、リストアップする前から予算を決めてしまうと、
予算の配分の仕方が難しく旅行日程の中、いくつかの部分でケチケチした感じになりがちになりますので要注意です。

初日から最終日までまんべんなく楽しむために、リストアップしたことをひとつずつ当てはめていき、全体の予算を決定していくとよいでしょう。

最初にリストアップした時点で、料金も記載しておくと予算が決めやすくなりますので、
その都度費用金額を控えておきましょう。

リストアップの時点で、いくつか候補を挙げておくことをおすすめしたのもこのためです。

楽しい旅が妥協したものにならないため、最初にやりたいことを決めてから予算を考えることをおすすめします。

6.旅行先の豆知識を身に付けておく

旅行前に旅先の詳細を調べておくことで、旅の楽しさの幅を広げることができます。

「地球の歩き方」や「るるぶ」などのガイドブックを書店で購入してもいいですし、自治体や観光協会が発行している観光パンフレットを取り寄せることができる「観光パンフレットお届けサービス「みんたび」」というサービスもありますので、是非ご利用下さい。

旅行の計画

大勢で出かける場合は、行きの飛行機や電車の中でクイズを出し合うなど、旅のワクワク感を演出できますが、あえて知識を多く身に付けずに現地での感動を重視したいという方もいるかと思いますので、必要に応じて情報を集めるようにすることをおすすめします。

まとめ

今さらいうまでもなく、旅行に限らず計画を立てるということはとても重要なことです。

やりたいこと、行きたい場所をリストアップして、結果的に採用しないものもあるかもしれませんが、
それだけその場所を調べた証しにもなりますし、万が一のトラブルや計画変更が発生したときに
役に立てられるかもしれません。


そういう意味では、リストアップしたものが多ければ多いほど、
旅行の楽しみが増えてくことは間違いないでしょう。


しかし、旅行のスケジュールは、あまり予定を詰め込みすぎないように、
ある程度時間の余裕を持って計画を立てていくことも重要です。

おすすめ記事

見たら行きたくなったパンフレット3選

見たら行きたくなったパンフレット3選

旅の計画で役に立つアプリ5選

旅の計画で役に立つアプリ5選

旅行を120%楽しむための情報入手のしかた

旅行を120%楽しむための情報入手のしかた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です