温泉にゆっくり浸かるのが待ち遠しくなる!?温泉情報が満載のパンフレット3選(雲仙、別府、熱海)

日本人の心の拠りどころともいえる温泉。観光やレジャーと並んで、旅先で楽しみたいことのひとつといえるでしょう。
ここでは旅行中だけでなく旅行前にもチェックしておきたくなる、選りすぐりの温泉情報が紹介されているパンフレットを3種ご紹介しましょう。

ようこそ、日本の国立公園へ!長崎県雲仙市の観光パンフレット 雲仙温泉 (長崎県雲仙市)

キリシタン殉教の地であるとともに、明治・大正時代には上海居住の欧米人の保養地として世界的な知名度も高い雲仙温泉。

温泉宿や共同浴場が建ち並ぶ温泉街だけでなく、30にも及ぶ「地獄」があることでも知られています。

長崎県雲仙市によって発行されているこのパンフレットは、温泉施設、宿泊施設をはじめ、地元のガイドによる雲仙散策のモデルコースの紹介やトレッキング体験、グルメやショッピング情報などが30ページに渡り余すことなく紹介されています。

旅行中はもちろん、旅行前にもチェックしておきたい雲仙温泉の魅力が満載です。

詳細を見る 詳細を見る

おんせん県に来ちゃいましたけん!“最幸(さいこう)”な時間を楽しむ旅 (大分県別府市)

源泉数、湧出量ともに日本一を誇る別府温泉をはじめ、県内に数々の名湯が点在する大分県は「おんせん県」として、日本国内だけでなく海外からも多くの観光客が訪れます。

このパンフレットはそんな「おんせん県」をエリアごとに分け、エリア別のグルメや注目のスポット、モデルコースなどが詳しく紹介されています。

別府温泉だけではない「おんせん県」の魅力を知り、"最幸"な時間を過ごすことができるヒントがたくさん散りばめられた一冊に仕上げられています。

詳細を見る 詳細を見る

都心からわずか40分の温泉リゾート!静岡県熱海市の観光パンフレット ただいま熱海 (静岡県熱海市)

徳川家御用達の名湯として長い歴史を誇る熱海温泉。

昭和30年代以降、新婚旅行のメッカとして栄えた時代からバブル経済崩壊まで激動の時代に翻弄され、観光客の浮き沈みが激しくなるという問題にも直面しましたが、近年は新幹線を使うことで東京から40分で行くことができる手軽な温泉リゾートとして再び脚光を浴び、賑わいを見せています。

このパンフレットには徳川家を魅了した温泉の情報だけでなく、海沿いの熱海ならではの海の幸を堪能できるグルメ情報やドライブコース、観光スポットやイベント情報がたくさん詰め込まれています。

48ページの大ボリュームながら小冊子にまとめ上げられ、持ち運びにも便利な一冊となっているところもポイントといえるでしょう。

詳細を見る 詳細を見る

ようこそ、日本の国立公園へ!長崎県雲仙市の観光パンフレット 雲仙温泉 (長崎県雲仙市)

キリシタン殉教の地であるとともに、明治・大正時代には上海居住の欧米人の保養地として世界的な知名度も高い雲仙温泉。

温泉宿や共同浴場が建ち並ぶ温泉街だけでなく、30にも及ぶ「地獄」があることでも知られています。

長崎県雲仙市によって発行されているこのパンフレットは、温泉施設、宿泊施設をはじめ、地元のガイドによる雲仙散策のモデルコースの紹介やトレッキング体験、グルメやショッピング情報などが30ページに渡り余すことなく紹介されています。

旅行中はもちろん、旅行前にもチェックしておきたい雲仙温泉の魅力が満載です。

詳細を見る 詳細を見る

おんせん県に来ちゃいましたけん!“最幸(さいこう)”な時間を楽しむ旅 (大分県別府市)

源泉数、湧出量ともに日本一を誇る別府温泉をはじめ、県内に数々の名湯が点在する大分県は「おんせん県」として、日本国内だけでなく海外からも多くの観光客が訪れます。

このパンフレットはそんな「おんせん県」をエリアごとに分け、エリア別のグルメや注目のスポット、モデルコースなどが詳しく紹介されています。

別府温泉だけではない「おんせん県」の魅力を知り、"最幸"な時間を過ごすことができるヒントがたくさん散りばめられた一冊に仕上げられています。

詳細を見る 詳細を見る

都心からわずか40分の温泉リゾート!静岡県熱海市の観光パンフレット ただいま熱海 (静岡県熱海市)

徳川家御用達の名湯として長い歴史を誇る熱海温泉。

昭和30年代以降、新婚旅行のメッカとして栄えた時代からバブル経済崩壊まで激動の時代に翻弄され、観光客の浮き沈みが激しくなるという問題にも直面しましたが、近年は新幹線を使うことで東京から40分で行くことができる手軽な温泉リゾートとして再び脚光を浴び、賑わいを見せています。

このパンフレットには徳川家を魅了した温泉の情報だけでなく、海沿いの熱海ならではの海の幸を堪能できるグルメ情報やドライブコース、観光スポットやイベント情報がたくさん詰め込まれています。

48ページの大ボリュームながら小冊子にまとめ上げられ、持ち運びにも便利な一冊となっているところもポイントといえるでしょう。

詳細を見る 詳細を見る